物流センター長が普段している仕事をわかりやすく紹介します

物流センター長の仕事がよくわかるブログ

倉庫で働くのが不安になったら

倉庫の社員の仕事は? 何をすればいい?

投稿日:

054266282e5489cf6ebec687f1fac20e_s.jpg

倉庫の社員の仕事は、大きく2つある。




一つは、現場作業。

もう一つは、現場管理。


現場作業が仕事の倉庫は、多くの倉庫でアルバイトを雇っていない。

そのため、一般社員が実際の現場作業を担当し、

管理職が現場管理をする。



日立物流などは、一般社員が作業員として働いているセンターが多い。

そういうセンターで働くことになったら、効率よく作業をする
方法を考えることが仕事。



一方、アルバイトに実際の作業を任せている現場では、
社員の仕事は現場管理になる。

管理の仕事は、段取りをすること。



段取りとは、

・その日の作業内容を、所属のアルバイト全員に明確に伝える。
・作業に必要な機器、資材を用意する。
 (フォークリフト・ハンドリフト、ゴミ箱、道具箱、など)
・作業者一人ひとり、またはグループごとに、担当してほしい
 作業の作業方法、納めてほしい形、守ってもらいたいルールを
 説明する。
・作業中に足りない備品や資材が出たら、すぐに補給する。
・作業進捗を常に把握する。

といった内容になる。


管理、段取りがキチンとできていれば、自分も現場作業を手伝う。

もしどこかのエリアで段取り不足が出たら、すぐに対応できるように。
僕は、作業を手伝う時は段ボールのゴミ捨てをよくやっていた。

いつでも手を止められるし、周りを見回しながらできるから。



アルバイトがいる現場では、管理の仕事をすることが社員の仕事です。


段取りで全て決まる。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仕事の9割は「段取り」で決まる! [ 伊藤昭 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/5/10時点)





-倉庫で働くのが不安になったら

Copyright© 物流センター長の仕事がよくわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.