物流センター長が普段している仕事をわかりやすく紹介します

物流センター長の仕事がよくわかるブログ

一歩抜け出す社員のために

現場は儲かってる? 倉庫のお金はどこからくるのか

投稿日:

79857a1193685112791775c6883a8761_s.jpg

自分の現場が儲かってるのか、損してるのか、意外と把握してない人が多い。


倉庫作業での収入は、おおむね2つに分かれる。

・1ケース(箱)あたり何円
・1ピース(個)あたり何円

保管料などでは、

・1m3(立方メートル)あたり何円
・1間口あたり何円

という請求方法もある。



ケース・ピースでの請求なら、できるだけ早く作業を終わらせると儲かる。

容積での請求なら、できるだけ詰め込んだ方が儲かる。



入荷・出荷は、ケース・ピースでの請求、

保管は容積での請求、

というケースが一般的だと思う。


あなたの倉庫が一般的な請求方法ならば、

・入出荷作業は、手早く終わらせる

・作業が終わったら、保管スペースを空ける

という方針で現場に指示を出すと、ロスなく儲かる行動をしていることになる。



外部倉庫を借りているなら、空いたスペースにすぐに在庫移動をかける。

そういった行動を自主的にしてくれると、管理職からは、あいつはできるやつだね、となってとても助かる。


儲かる行動をわかってる社員は少ないので、頭一つ抜き出るのは意外と簡単だったりする。







-一歩抜け出す社員のために

Copyright© 物流センター長の仕事がよくわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.