物流センター長が普段している仕事をわかりやすく紹介します

物流センター長の仕事がよくわかるブログ

一歩抜け出すバイトのために

倉庫バイトでも自由に仕事ができるようになる秘訣

投稿日:

f46a0b6d6104702668a3c0376e209821_s.jpg

倉庫のバイトは管理されてナンボのところはあるけど、自由に行動できるバイトもいる。


バイトのスキルは三段階に分かれる。

バイトリーダーとかそういう肩書上のスキルとは、全く関係がない。



第一段階は、言われた作業をこなす段階。

第二段階は、自分から仕事を提案する段階。

第三段階は、作業を社員から丸投げされる段階。




第二段階になると、休憩やシフト変更などが自由になりやすくなる。

大事なのは自分から能動的に動いているかどうかで、言われるがままにバイトリーダーになっても第一段階を抜け出せない。




倉庫でバイトを始めたばかりの頃は、右も左もわからない状態だと思う。

朝礼などで担当社員から説明を受けて、ベテランバイトなどに教わりながら、ピッキングや梱包などの作業をこなしているだろう。


これが第一段階で、社員やベテランバイトからの指示を待って、仕事が始まる。

「倉庫のバイトはどんな仕事ですか?」

といったウェブでのQ&Aで答えられているのは、ほとんどがこの段階。

言われた事をやるだけなので、

倉庫はきつい、
重いものを持って腰をいためる、
夏は暑いし冬は寒いしきつい、

など、倉庫はきつい・つらいといった回答のオンパレードになる。


この段階のバイトのことは社員もよく見ていて、かったるそうに仕事をしていたり、見えない(とバイトが思ってるだけなのだが)ところでサボっていたり、手を抜いて作業をしていたりすれば、そのバイトには、雇っている限りはずっとその仕事をさせようと思っている。

現場作業はハンディー端末で進捗が管理されていたり、今までのベテランバイトと作業の進みを比較したり、また、この人数ならここまで進むはず、といった日頃の実績から、直接見ていなくても進み具合を判断できる。

データ上の進みが悪かったり、いるべき時間帯にいなかったり、新人を入れた途端、異常に進捗が遅れたりして、サボってるバイトは実はすぐに分かる。


現場はバイトの採用に口を出せないことが多く、ハッキリ言って役に立たないバイトが来てしまったら、できるだけサッサと辞めてもらうように仕事を割り振る。

それで、次は頼りになるバイトが入ってくることを祈りながら待つ。


こういう事を現場でしてしまうから、募集広告を出しても人が集まらなくなってしまうのだけど。

ともかく、言われたことしかできないのが、第一段階。



第二段階になると、自分から作業を引き受けるようになる。

込み入ったピッキングや、面倒な客先への特殊な梱包、大幅な在庫移動など、管理する側の社員からすると早く片付けたい仕事を、率先して引き受けてくれる。

言われた作業をやっていた頃に、自分なりに効率の良い作業方法を考えていた人は、第二段階に移行するのが早い。



言われた作業だけをやる状態から早く抜け出すには、その仕事をできるだけ人に教えるといい。

しっかり理解していないと人には教えられないし、教える中で今までの無駄な動きが見えてくる。

ちゃんと教えられるようになれば、作業者から教える人へ評価が変わる。



面倒な仕事は、社員も細かく見ていられない。なので、終了時間が大幅にずれなければ特に細かい指示も出されない。

何回かこういった面倒な仕事を引き受けてキッチリ納めれば、面倒な仕事の最中に少しぐらい休憩を多めに取っても、何も言われなくなる。

多めの休憩中に喫煙所などでばったり社員に出くわしても、仕事の打ち合わせの話などされるだけで、早く戻れなどとは言われない。


この段階になると、一般作業者よりはかなり自由に行動できる。

そして、引き受けた仕事を他のバイトを使ってこなせるようになると、自由行動時間はさらにたくさん取れるようになる。



ここまでを、自分から提案していけるかが大事。

言われるがままにバイトリーダーなどになっても、実質は第一段階にとどまっていることになる。



他のバイトに作業を振れるようになったら、第三段階に入る。

この段階は会社によっては実現できなかったり、現場によっても違ってくるかもしれない。



自分の会社で第三段階に突入できるか確認する方法は、

「その仕事やっておくんで、目標の数字だけください」

と担当社員に聞いてみるといい。



「そういうわけにはいかないよ」

となれば実現できない。


「何アイテムを、何時までに終わらせてくれる?」

となれば、何回か引き受けると丸投げされるようになる。


仕事を丸投げというと悪い印象があるかもしれないけど、細かく時間で縛られたくないタイプには、これほどありがたいことはない。


僕がいるところは社員が少ないため、向こう一週間分くらいの仕事を振られたきり、具体的な指示はほとんどない状態が一年近く続いている。


朝の出勤時間も好きなように決めている。定時は変わらないけど、残業したければ早めに出勤し、用事があれば少し遅れて出勤している。

お昼の時間も好きなように決めている。人がいない時間帯にいったり、倉庫内の空いてる部屋を使ったり、快適に休憩時間を過ごしている。


段取りは全て自分で決めて、必要な人員や備品はその都度社員に手配してもらっている。


仕事が終わらなかったり不備があれば、当然何らかの形で責任は取る。そうならないように、早めに人やモノの手配をしている。


管理業務ができるアルバイト、というのが、倉庫業では一番ラクで稼げる立場だと思う。

ボーナスなどを含めた年収ベースでは社員の方が数字は高いけど、一年間の拘束時間を考えると社員には戻れない。



倉庫では、やっかい事を引き受けて独り立ちした方が、自由になれる。









-一歩抜け出すバイトのために

Copyright© 物流センター長の仕事がよくわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.