物流センター長が普段している仕事をわかりやすく紹介します

物流センター長の仕事がよくわかるブログ

一歩抜け出すバイトのために

リーダー業務は資産になる

投稿日:

fdce325f8fe6b24eeffdc995c56751e2_s.jpg


現場のリーダー的業務を任される機会があったら、積極的に受けよう。


バイトならバイトリーダー、社員なら主任や係長などの最初の役職に付くことになると思う。


こういったリーダー業務は、できるだけたくさん経験した方がいい。

リーダーをやるのに必要なスキルを挙げると、

・人をまとめる
・作業時間を正確に見積もる
・作業に必要な人数を正確に見積もる
・作業の段取りを組む

おおまかにこの4つくらいになる。


こういったスキルは倉庫業だけでなく、転職して別の業界に移った時、自分で商売を始める時、町内会の集まり、休日のバーベキューなど、本当にいろいろな場面で役に立つ。

自分の中に、世の中を渡っていくための資産を作ると思って、積極的に引き受けていきたい。



ところで、あなたが明日からリーダーをやることになると、もしかしたら今までの仲間との関係が崩れてしまうかもしれない。

特に、仲間の中に自分もリーダー格だと思って仕事をしている人がいると、その人とぶつかることになる。


ぶつかっていい相手なら遠慮なくぶつかればいいけど、今までお互いに出たり引いたりしてうまくバランスを取っていた関係だと難しい。


こういう時は、会社が自分をリーダーに指名したことで割り切って、堂々と振る舞ってほしい。


作業段取りを考え、きちんとメンバーに指示を出して、リーダー業務に集中すればいい。

気になる仲間には、何かの作業を限定して任せてしまう。

入荷業務でいうと、全体の人の配置や作業の順番は自分で決めるけど、特定のメーカーの荷受けはお願いとか、仕分けの作業は何人か連れてやってくれる?とか、あのトラックは任せたとか、作業を限定してリーダー業務を任せたらいい。


今まで一緒にやってきた仲間だから、あなたもむやみに偉そうにはしないと思う。

リーダーを引き受けながら仲間のプライドも尊重するのって案外難しいので、限定的に業務を任せるのが、僕の時はやりやすかった。


そうこうしながら、朝礼などでメンバーを集めて話す機会を多く作るといい。

毎日のように前に立って話していると、自然とみんながあなたをリーダーと認識するものです。



任される機会があれば、資産づくりだと思ってがんばってほしい。






-一歩抜け出すバイトのために

Copyright© 物流センター長の仕事がよくわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.