物流センター長が普段している仕事をわかりやすく紹介します

物流センター長の仕事がよくわかるブログ

倉庫で働くのが不安になったら

倉庫の仕事はつぶしがきかない?そんなことはない

投稿日:

倉庫で働いている社員でもバイトでも、話を聞いているとつぶしがきかないと思っている人が多い。


他にできることもないから、この仕事をやってるんですよね

という考えの人が、とても多い。


確かにつぶしがきかないと捉えることもできる。
そして僕が見た感じのつぶしがきかなくなってる人の特徴は、指示された仕事だけをしている人。



僕は、倉庫業はいろいろなスキルを身につけられると思っている。



・人をまとめる
・フォークリフトを使う
・ロケのレイアウト作り
・運送会社や派遣業者など、外部との調整
・エクセルを頻繁に使う
・社外への連絡メールや報告書、時には始末書などの、ビジネス文書の作成

など、ノウハウにまとめるレベルまで突き詰めると、どんな業種でも使えるスキルが多い。


人をまとめる事ひとつにしても、単純にリーダー論の本を読めばOKというものでもない。

大げさに言うと、心理学、リーダー論、見せる力、スピーチ力など、身につけるべき知識がたくさんある。


倉庫で働く場合の問題点は、上に書いたようなスキルを突き詰めて身につけなくても、何となく何とかなってしまうところだと思う。


倉庫には信じられないくらい人間的に問題のある人が普通にいるので、そこそこまともなだけで十分通用してしまいますね。
周りにもそういった人がおられるかも知れませんね。


そこそこのレベルで仕事をまとめていても、倉庫ではできる人で通用するのではないだろうか。


そういった、自分の倉庫で必要なスキルと世間の求めているスキルとに大きく差があることに気が付かないと、振り返った時につぶしがきかないキャリアになってしまう。


指示された仕事だけを、最低限のレベルでこなしている日常が問題になる。


ロケ作りの時には動線を考えて、ピッキングやフォーク作業がしやすいロケにすると思うけど、もう一歩踏み込んで、絶対にフォークと歩行者が交錯しない動線はないか?とか、格納もピッキングも一筆書きで完結させられないか?とか、求められてる以上の課題を自分で作ってみるようにしたい。


毎日そういう発想で仕事をしていると、倉庫業の仕事のあらゆる分野で、一般的にも頭一つ飛び抜けたスキルが身に付きます。

最低でも一年くらいはかかると思うけど、一年かける価値は十分ある。



身につけたスキルを利用してどんどん出世して給料を上げてもいいし、転職してもっと条件のいい仕事についてもいい。

独立するにしても、例えばネットオークションの発送だけ代行しますとか、ピンポイントでスキルを使うこともできる。


つぶしがきくもきかないも本人次第だと思っているので、僕はできるだけスキルを伸ばしていきたいと思う。












-倉庫で働くのが不安になったら
-

Copyright© 物流センター長の仕事がよくわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.