物流センター長が普段している仕事をわかりやすく紹介します

物流センター長の仕事がよくわかるブログ

一歩抜け出す社員のために

バイトにやる気を出させる方法 肩書をつける

投稿日:

あなたの現場のアルバイトは、日々どんな風に仕事をしていますか?


自分から積極的に仕事を見つけて、指示を待たなくても勝手に仕事を終わらせていますか?

言われたことだけを、最低限のレベルでこなしていますか?


今日は、適材適所でアルバイトに活き活きと働いてもらう、ちょっとしたコツを書きます。




その方法は、肩書をつけること。

例えば、

・リーチの天才
・路線便ピッキングのスペシャリスト
・梱包の鬼
・段ボール作り職人
・棚入れ上手

といったような、作業をほめる系の肩書をつける。


ちなみに、例にあげたのは実際に僕がいた現場でつけていた肩書。

こういった肩書を事あるごとに、

「さすがリーチの天才」

などとささやき続ける。



何度も言ってるうちに本人もその気になって、本当にリーチは上手くなるし、ピッキングは素早く責任を持ってやってくれるようになった。



肩書が難しかったり恥ずかしかったりする場合は、なってほしい状態をささやくのも有効。
自分の中では、ツイート作戦と呼んでいる。


・本当に梱包がきれいだね
・仕事が早いね
・カウンター上手だね
・ピッキングが正確だね

などなど、なってほしい状態ならいくらでも出てくると思う。


多少ウソというか、現実離れしててもいいから、とにかく心からささやくこと。
お世辞や半端な気持ちは見抜かれます。



肩書やツイート作戦は、適材適所を見抜くのにも使える。

試しに見た感じで肩書をつけて呼んでみると、あんまり嬉しそうじゃなかったり聞き流されたりすることがある。
こういう時は、実はその作業を本人が好んでいない時。

見た目では積極的にやってるようでも、実はイヤイヤやっている。


肩書がハマった時は、本人は心なしか照れたような、まんざらでもないような、否定はするけど聞き流されず、いつまでもその肩書についてナントカカントカ言っている。

こういう時は、その作業は本人にピッタリで、自然と人より上手くこなせる自覚があって、一日中やっていても飽きない。



肩書をきっかけに活き活きと働いてくれれば、現場の成果は間違いなく上がる。



ところで、普段本は読みますか?
人の適性についてキチンと把握していると、倉庫でたくさんのアルバイトをまとめるのに役立ちます。

人がみんな同じに見えるようなら、一度はこちらの本を読むべきです。







-一歩抜け出す社員のために
-

Copyright© 物流センター長の仕事がよくわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.