物流センター長が普段している仕事をわかりやすく紹介します

物流センター長の仕事がよくわかるブログ

一歩抜け出す社員のために

初めて倉庫でバイトする人を迎える準備

投稿日:

自分の現場に初めて倉庫でバイトする人が来ることになったら、今後長く続けてもらうためにもしっかりと準備をしておきましょう。

初出勤のバイトを迎えた時は、

・必ず自己紹介する
⇒自分の年齢、見ている現場の要約、社歴

・仕事に入る前に、全体の内容を説明する
⇒一緒に現場を回って、荷物をどういう状態にするのが目的か説明する。
 入荷なら棚入れ、格納に回すためにどういう作業をするとか、出荷なら梱包に回すためにどういうピッキングをするとか

・仕事のやり方は自分が説明する
⇒最初の基本のやり方は、必ず自分で説明する。いきなりパートに任せると、人によってやり方が変わってしまう。

・教育係を必ず付ける
⇒その現場の仕事をよく分かってて、人当たりのいい人を選ぶ。女性同士、男性同士などなるべく同性にする。

・休憩時間はキチンと説明する
⇒いつまで作業すれば何時から休憩になる、というビジョンをはっきり説明しておく。

・残業できるかどうか、必ず確認しておく
⇒実際に残業があるかないかに関わらず、必ず最初に聞いておく。無理強いしない。

・作業のやり方をこまめにチェックする
⇒一時間ごとくらいに声をかけて、わからないところはないか、気になるところはないか、細かく気にしてあげる。



といったことを丁寧に対応してあげましょう。

初めての人は想像以上に仕事に不安を感じています。
最初からできるだけ気にしてあげて不安を取り除いてあげると、あなたの現場で長く働いてくれるようになります。戦力になってからの指示も、ちゃんと聞いてくれるようになります。

現場の成果を上げるにはバイトの定着率を上げることが重要です。
よく動くベテランが増えれば、生産性は上がります。

最初は戦力とは考えずに、一週間くらいは現場になじめるようにしてあげることに集中しましょう。


いつも思うことだけど、この時期はある意味、接客業の気分です。






-一歩抜け出す社員のために
-

Copyright© 物流センター長の仕事がよくわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.