物流センター長が普段している仕事をわかりやすく紹介します

物流センター長の仕事がよくわかるブログ

一歩抜け出す社員のために

もう一歩踏み込んでお願いする

投稿日:


社員と雑談した時の話。



自分の部署でバイトが足りないそうです。

入荷班と出荷班に分けていて、出荷班はそこそこのメンツが揃っているらしい。



足りないのは入荷班で、特にフォークマンが足りないと。



で、

やらない?

と言われたのですがスルーしまして、

どんな人が欲しいのか聞いてみました。



・一日中フォークでネステナに格納していられて、

・物流経験はない方がよく、

・年齢も不問

・ただ、一日働けるだけの体力は欲しい、

・男女も不問

・フォークの腕はあってもなくても良く、

・土日働ければ最高



という内容だったと思います。




物流経験がない方がいい、というのは

なまじっか経験だけあると言うことを聞かないからだそうで、

これには僕も賛成です。



バイト歴25年、とか、

ホントに使いづらいんですよね。

あそこの倉庫はああだった、

こっちの倉庫はこうだった、という

上っ面の運用ばかりよく知っているので。



フォークの腕は教えればいいから、慣れてれば助かるけど

物流経験者が面倒なのと同じ理由で、

乗れないならいっその事ペーパーの方が使いやすいと。



おおむね、僕もこんな人物像には賛成です。



ここまで具体的に人物像が決まっているので、

とっとと募集かければいいのに、

と伝えました。



社内ミーティングでは報告ずみで、彼の部署にこういう人が必要だというのは、一応社内では周知されているようです。



しかし、よくある話ですが、会社は積極的には動いてくれない。

社内でそれっぽいバイトを探してみなよ、

と言われてるということです。



こういう時に、僕はいつも

募集の原稿作ってきてよ、

と思ってました。



会社としてある程度原稿の内容は考えますが、

ここまで現場の要望が詳しくなってるのなら、

ちゃんとまとめて原稿にしてよ、

と思います。



通常の仕事をしながら募集要項を考えるのは、なかなか手間なんです。



そして、

社内ミーティングって、マジメな仕事の話というか、それっぽい事をしかめっ面で言う、みたいな空気ですよね。

報告とかの公の時の口調って、なんであんなに文語調なんだろう?と思ってます。



○○に関してですが…とか、普段の会話で言わないですよね。

友達と話してて、

今日のお昼ごはんに関してですが…

とかね。



そういう固いのが当たり前の雰囲気で文語調で話してると、相手の問題に感情移入できないというか、話し手の感情を拾えないというか、切羽詰まった気持ちというのは、伝わりづらい気がします。


メチャメチャ熱く、




オレんところで人、


足りないんだよ!


物流経験いらないから、


元気でマジメな


フォークマン


ほしいんだよ!!


どっかにいない?!


どうしてもほしい!!!





くらいやってくれるとね、分かりやすいです。

分かりやすいので、上も動きやすいです。



でも、ミーティングでそんなテンションの人はいません。



なので、

一歩踏み込んで、

こういう募集要項作ったので、コレで募集かけてくれませんか?

というところまではいってもらいたいです。



その場では詳しい話ができなくても、

今回の雑談相手の社員がいないところで、

求人担当の上司かなんかが、ちゃんと内容を検討してくれます。



あとは、

求人広告の会社とのスケジュール管理を手伝ったり、

打ち合わせを代わりにやったり、

写真撮影とかを手伝ったり、

雑用を代わってあげる、という姿勢でサポートしていけば、

だいたいの要望は通ります。



会社への要望、諦めずに、もう一歩踏み込んでみてはいかがでしょうか?







クリックお願いしますm(_ _)mにほんブログ村 就職バイトブログへ




-一歩抜け出す社員のために

Copyright© 物流センター長の仕事がよくわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.