物流センター長が普段している仕事をわかりやすく紹介します

物流センター長の仕事がよくわかるブログ

倉庫の現場

物流センターの事務の仕事内容は?

投稿日:


物流センターの事務は、主に二種類の仕事に分かれます



入荷事務




出荷事務


です。





自社でトラックを持っている会社は、この他に


運行管理(配車)のサポート業務


もあります。



僕は運行管理(配車)は経験がないので、


今回は入荷事務と出荷事務の紹介をします。

 


スポンサーリンク
Array
Array

入荷事務の仕事は?


入荷商品の予定表作り


・向こう3日間から一週間程度の入荷予定が、メーカー、商社などからメールで送られてきます。


・それを現場が見やすいようにエクセルなどで表にします。


・たいていフォーマットが決まっているので、フォーマットにそって入力していく作業になります。



入荷した商品についての問い合わせ


・実際に現場に入荷した商品に不具合があった場合、メーカーや商社などの仕入元に問い合わせの電話をかけたり、メールを送ります。


・具体的な不具合内容は、


 …入荷時の箱破れ、キズ、汚れなどの商品破損


 …商品違い(型番、色、サイズなどの違い)


 …来週入るはずの商品が今週入ってきたなど、入荷時期の違い


 …型番がはっきりしない商品の確認


などがあります。


・すでになじみのある仕入元への問い合わせがほとんどなので、

「○○センターの○○です。箱が破れてる商品がありますが…」

などで話は通じます。



入荷伝票を在庫計上する


・現場の入荷検品で問題がなかった商品の伝票内容を、システムに入力します。


・この作業で、入荷した商品が倉庫の在庫として反映されます。


・入力内容は、型番、数量、サイズなどです。


・文字入力よりも、テンキーの入力が多く使われます。テンキーのブラインドタッチができる人が多いです。




入荷事務で必要なスキルは、


電話応対


メール送信


パソコン入力


です。



あったら便利なスキルは、


エクセルの関数


客対応トーク


ビジネス文書作成


くらいでしょうか。




長くなったので、出荷事務は次の記事で説明します。



⇒⇒⇒出荷事務へ⇒⇒⇒ ついでにポチにほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ



-倉庫の現場

Copyright© 物流センター長の仕事がよくわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.