物流センター長が普段している仕事をわかりやすく紹介します

物流センター長の仕事がよくわかるブログ

倉庫の現場

フォークリフトで荷物を運ぶ時の高さは

投稿日:


フォークリフトで荷物を運ぶ時、パレットを高く上げすぎると危険です。

目安は5センチくらい、タバコと比較するとこれくらいです。

2017-08-28 13.24.32.jpg




実際に運転席からどんな感じで見えるか、撮影してきました。

パレットを上げる高さ



動画ではかなりゆっくりですが、パレットのキャッチ&リリースをできるだけ素早くすると、フォークの作業は早くなります。

ほんの少し地面から浮いてるだけで走れますので、掴んで浮かせたらすぐに走り出す練習をします。

そのために、

リーチはヒジで、

カウンターは左手で


アクセルレバーを操作します。



そして、リーチフォークはいつでもツメは出しっぱなしにします。

2017-08-28 13.19.21.jpg



教本などでは、荷物を掴んだらツメを一番手前まで引くこと、と教えられていると思います。

現場でも、そういう操作をしている人はいます。


飲料や紙など、重量(1トン前後)のあるものは抱えた状態でゆっくり走るのが基本です。


ですが、

荷物がない時や、

500kg程度の荷物なら、

ツメを出している状態の方が安定します。

特にカーブを曲がる時は、ツメを手前に縮めていると転倒します。


常にツメは出しっぱなし、

キャッチ&リリースを素早く、

この2点を練習すると、現場での作業が早くなります。



にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村






-倉庫の現場

Copyright© 物流センター長の仕事がよくわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.