物流センター長が普段している仕事をわかりやすく紹介します

物流センター長の仕事がよくわかるブログ

倉庫の現場

フォークリフトを滑らかに操作する3つのコツ

投稿日:

フォークリフトの操作も上手い下手があって、上手い人は自分の手の延長みたいな感じで操作しますね。
あなたの現場にも神業級のリフトマンがいると思います。

どうやったら上手くなるか?というのは僕にとっても永遠の課題(大げさか)なんですが、やっぱりセンスは関係してると思います。



センスがあるなーと思う人は、掴んだパレットが最短距離で目的地へ移動してるように見えます。
パレットそのものが空中を飛んで移動してるような感じ。

逆にあんまり上手くないなと感じる人は、荷物の動きが固いです。
一回一回ワンクッション入るみたいな感じです。

ロボットダンスをイメージすると近いかもしれません。
世界の神業ロボットダンス!人間技じゃない

我々がやってるのはロボットダンスじゃないので、いちいち決めなくてもいいんじゃないかと。
ダンスの方ならすごくかっこいいですけど。

太極拳みたいにスラーっとパレットが移動してると、

あーうまいなー( ,,・ิω・ิ,, )


と見とれちゃいますね。

Array
style=”display:block”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-layout-key=”+44+pg+2k+1i+3s”
data-ad-client=”ca-pub-9985703949787214″
data-ad-slot=”9782045548″>

Array

でコツというか、僕はこうしてますよというのを紹介しようと思います。
大前提は、フォークを滑らかに動かすことです。
だいたいフォークが遅い理由は、荷物が倒れるんじゃないか?と心配だからかなと。
あんまり倒れないから大丈夫だよ、というのもありますけど、限界がどの辺かどこかで試してみるのもいいんじゃないですか?

それで滑らかに動かすのに、言葉で伝えられるコツは、この3つです。

・フォークの動きを知る
・型を決める
・素早いキャッチアンドリリースの練習


フォークの動きを知る
自分が今日乗るフォークはどんな動きをするか、どんな特徴があるかを見てみましょう。
僕なら、初めての車体はこんな感じでチェックします。リーチもカウンターも一緒です。

・止まってる状態からアクセルレバーを一気に動かすと、どんな風に動くか。急に動くか、一瞬タイムラグがあるか。
・アクセルの可変域をつかむため、時速1kmでできるだけ長く走ってみる。
・前進、後退を急に切り替えてみるとどんな動きをするか。すぐ切り替わるか、少し間が空くか。
・ツメをあげながら旋回すると倒れそうになるか、ならないか。
・ツメの上げ下げにどれくらい時間がかかるか

これで大体の車体のクセをつかんで、ガクガク動きそうなポイントがあれば、何もないところで練習しておきます。スムーズに動かせるように。

アクセルをちょっと動かすとガクンと動いちゃうなら、どれくらいそーっと動かせばいいかとか。


型を決める
レバー操作などの型、手の形を決めちゃう。

リーチの場合はこの持ち方をして、
2017-08-28 13.18.12.jpg

手はこれで固定です。
ツメを上げるのに左側のレバーをつまむように持ち替えて…とかしてます?ダメですよw

手はこの形のまま、レバーを操作します。

なんで型を決めるかというと、流れるようにパレットを移動させたいので、

ツメを刺す

止まる

レバー持ち替える

ツメ上げる

止まる

動き出す

とかやってらんないんです。

ツメを刺したら上げる

移動する

でないと。
それには余計な動きを挟んじゃダメなんで、型を決めて思った時にすぐに動くようにしておきます。
だから、型の練習もします。
最初はゆっくりと、型で動かせるように何度も練習します。
余談だけど、センスがあるとすると型が早く身に付くかどうかはあるかもしれないですね…

そしてもう一つ大事なのは、レバー操作は握り込むように行う、です。
手首で操作すると動きが急すぎて、いきなり上がり過ぎたり下がり過ぎたりします。

たまに、床にツメを落としちゃって

ガコンッ!

とか大きな音立ててる人、見ませんか?
あれです。手首で操作してると、そういう大雑把な動きになります。

なので、握り込むように。
動画を撮れば良かったなと、今気が付いていますorz


素早いキャッチアンドリリースの練習
ツメを刺したら上げる

移動する

と、

止まると同時にツメ下ろす

移動する

をいかに早くできるか、練習します。
F1のピットストップをイメージして。

いかに早く、というのを意識していると、パレットをツメで持った瞬間とツメが離れた瞬間が感覚的にわかるようになります。視覚じゃなくて触覚で。

触覚で荷物の様子が分かるようになると、手の延長みたいにフォークリフトを扱えるようになります。
フォークが滑らかに動くようになれば、パレットは空中を飛んでるように見えます。


この3つを気にしながら上手い人の動きを見てみると、

あーそういうことね

と何か見えると思います。
たぶん( ・∀・)つ/にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

-倉庫の現場

Copyright© 物流センター長の仕事がよくわかるブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.